昨日は何したかな?

ドライバーでの構え方の違和感

これまで、打ち出し方向と平行に立ち、球を左足かかとの鉛直線に置き、

スタンスの中央線を軸としてスイングしていた

このスイングでは少し違和感があった

ボールを見ながら打つのではなく、

仮想の点を見ながら打つのである

これは、球の位置とスイング軸のズレがあるということ

球にはきちんと当たっているのだが、プッシュアウトのような球の方向になることがあった

ナイスショットと思っても、右に球が出る

コースでは、しかたなく、少し左方向に目標を置いていたのである

スイング軸にズレがあるためスイングがその時の感覚次第となり、正しいスイングをしたかどうかわからない

右に球が行く原因も分からなかったのである

違和感をもったままのドライバーであった


そこで、違和感のない構え方にするにはどのようにすればいいのか考えた


今は試しの段階であるが、

まず最初に、右手でドライバーのフェイスを球に合わる

頭の位置は両足の中心にして立つ

そして、両脇を締めた状態で球を見る

この構え方では、球を見ながらスイングを行うことになるため、頭の位置が安定する

ボールの位置が9番アイアンのように、両足の中心にある場合は軸は傾かないが、

ドライバーのように球が両足の中心線から左側にある場合は、

頭を少し傾けて球を見ことになる

即ち、スイング軸は右に少し傾き、且つ、オープンスタンスに近い状態となる


この状態で構え、スイングした時にドライバースイングに違和感がなくなった


また、軸が右に傾いているので、

ヒッティングポイントが、スイング軌道が上向きになる時であることも理解しやすくなった

さらに、少しオープンに構えた状態となるので、自然に内側に振り抜く事が出来る

この構えでスイングすると、ナイスショットでも少し右に打ち出した感覚なのだが、

これまで右に出ていた方向性が修正され、目標方向に打ち出す事が出来るようになったのである

また、左足のつま先を少しだけ開くとフェード、閉じるとドローを打ち分ける事が出来るので、

コースによる球の打ち分けが可能となりそうである

この打ち方はドライバーだけでなく、フェアウェイウッドはもちろんのこと、

8番から4番までのアイアンでも同じように構えてスイングすることが出来る


安定性が高まった

いい事ずくめである



今のところは
[PR]
by moripapa_55 | 2013-08-18 21:45 | 日常