昨日は何したかな?

気がついたこと

と言ってもゴルフのこと

本当は言ってはいけないことなのだが、身内で和気あいあいと、楽しんでいるのであり難い言葉だった

職場の仲間の同伴者が「あれっ?わざとヒールで打ってるの?」
パットの時に訊いてきた

これはショッキングな言葉だった

全く、そんなつもりはなく、きちんと打っているつもりだった

しかし、これまでパターで当たりが悪い事がたびたびあり、何故だろうと悩んでいた時の一言だった

「えー、そんなつもりは無いけど」

「けど、ヒールに当たっていたから、わざと打ってるのかと思ったよ」

これは本当にありがたい一言だった



話は、2年ほど遡る

パットにおいて、自分の感覚と実際の打ち出し方向に一定のずれが出る癖で悩んでいた時のこと

自分の感覚がおかしいのか、立ち方が間違っているのか、ボールの位置が悪いのか

解らない

この悩みに伴い、パットについての基本的な疑問もわいて来た

そもそも、パットする時、何処を見て打つのか

通常のスイングでは、ボールか、ボールの周辺を見て打つ

クラブを見て打つ事は不可能だから

パターは、強さと方向が一番大事な道具である

スイングもゆったりとしている

そんな悩みを解決しようと、或る時から、ボールを見て打つ方法に変えた

しっかり打つ為と、他のクラブとの共通の感覚としたいとの意図からである

方向は、その頃はやっていた(今もやっている人がかなりの割合だと思うが)ボールにラインを引き、打ち出し方向に向け、そのラインを見て打つ方法で方向性を出すこととした

だが、この打ち方でも、自分の方向感覚とラインの方向が一致しないという違和感はずっと残ったままであった

こんな状態でのパットを2年強行って来たときに、同伴者の一言「わざとヒールで打ってるの?」があったのだ

疑問が氷塊した瞬間だった


パターの芯でボールをヒットするには、パターを見て打つ方が正解であると

長年、その打ち方をやってきたのであるから、元に戻せばいいだけで、簡単なことだ

次のホールから、この打ち方に変え、パターの芯がラインから外れないように気をつけて打った

ついでに、左脇はしっかりと締め、スイングは自然な円弧とするスタイルとした(本当はこのことも方向性を出すには重要な事なのだ)

ボールはラインが見えないよう、白い部分を上面になるように置く

これで、自分の方向感覚通りに打ってみた

何と、ボールは思い通りのラインでカップに向かうようになったではないか

ボールを心で捉えられるようになったので、打ち出し強さもカップをオーバーするようになったし、返しのパットも、方向が自分の感覚通りに打てば良いという安心感から、楽に入るようになった

次のホールから劇的にスコアが良くなったかと言うと、そうゆう事でもないのだが、パットの時に安心感を持つことができるようになり、気持ちのよいゴルフが出来るようになったことが大きい

ゴルフを行うに当たって、これは重要なことであり、以後のホールでは、スコアは恐らく、2、3打は良くなった(悪くならなかった)と思う

次回、9月の例会が楽しみである


a0094711_2010327.jpg

大多喜城GC 中コース 5番
by moripapa_55 | 2013-08-07 20:17 | 日常