人気ブログランキング |

昨日は何したかな?

滑稽

写真撮影を再開した頃のことである

昔のカメラを引っ張り出し、レンズを確認


カメラバッグを調達し、さっそうと出かけた


その頃、レンズは単焦点が一番と思っていたので、レンズは必然的に多くなる


7、8kgのバッグを担いで出かけていた

今でも、フルで揃えるとそのくらいになるが大分コンパクトになっている


それほどの写真を撮る訳でもなく、重いカメラバッグに三脚までかかえると、もう10kgを超える大荷物


真剣に写真を撮ろうと思っている人には申し訳ないが、

今の自分から見ると、この姿は滑稽と思える

しかし、当時本人は至って本気であり、全く問題はなかったし、他人の目が有る事すら意識した事はなかったかと思う


滑稽とは他人からの目であり、評価である

しかし、それが、評価の対象に変わったときから悲劇が始まる


自分の言動が否定されたと感じる

恥ずかしいと感じる

自分が行っていることの意義にぎもんを抱くようになり

自分が常に注目され、滑稽の対象と思われているのではと懐疑する


などなど、否定的な事ばかり


慰めようもないくらい


世の中の人は他人の評価など気にならないという強い人間や鈍感な人間ばかりではない


知った途端にあっけなく傷つくのである


最悪の場合は自らの命を絶ってしまうことさえある



むやみに滑稽であると評する事を表にだすことは控えた方がよいと考える


しかし、自分と他人とを比較し、今の自分を正当化する為に他人を滑稽と評価したがるもの人間



何とも厄介だ


せめて、付き合いのある人との関係では滑稽との評価は自分の心の中だけに止め、決して表に出さないことが肝心



知らない他人の場合は、滑稽という評価を表しても差し支えないと思うが、普段の自分の言動も常に他人の評価の対象であることは覚悟し、似たような言動の他人がどのような評価を受け滑稽の対象になっているか、冷静に判断し、行動することが必要

他人が滑稽と評価しているからといって直ちに自分の言動を改めるのではなく、その評価そのものが正当であるか、自分もそのように評価するのかをじっくり検討してからでよいと考える


滑稽とは、そんな人を見かけたときは、つい、面白く思ったり嘲笑したりしてしまうが、

「人の振り見て我が振り直せ」である

滑稽だと評価した人さえ滑稽と評価される事がある事に気がつかないまま過ごす事がないようにしなければと思った
by moripapa_55 | 2013-07-12 08:57 | 日常