昨日は何したかな?

人の第一印象と実際のギャップ

その人を判断するのは第一印象であると言われる

その中ででも、

見た目が55%

話し方が38%

話の内容が7%

という説もある


話す事が無い人の第一印象は見るだけなので、100%見た目で判断する事になる

話している人を初めて見る場合は、見た目の55%とか、話し方の38%になる

話している内容に全く興味がない場合や聞く意思がない場合は7%が除かれるので

55/93×100=60 即ち、6割が見た目ということになる

見た目は大事ということか

何時、自分の過去を見られた人と逢うとも限らないので普段から見た目は大事にしなければならない




しかし、あの人はこんな人だろうと第一印象で思っていても、実際によく話をしたりすると、印象(評価)が変わって来る事がある

あー、本当はこんな人だったのかとか

だが、一寸関わりがあった人はその後、ほんとはこんな人だったのかから

ああー、やっぱり、こんな人だったんだとの評価(印象)に戻る事もよくある話で、

あー、人はやっぱり、第一印象通りなんだと妙に自分の判断をほめたがる事もある


第一印象が良い場合はいいのだが、第一印象が悪い場合もあるのでそのときは残念
[PR]
by moripapa_55 | 2013-07-03 08:18 | 日常