人気ブログランキング |

昨日は何したかな?

レンズ選択

レンズの働きを自分ではこんな風に理解している



広角レンズ

山、観光地、町並みなどの風景写真を撮るのに最適
食べ物なんかも撮れる

遠近法で撮りたいものを強調して表現できるレンズなので、構図を楽しみながら写真を撮る事ができるが、構図が決まらないとつまらない写真になってしまう。
油断ならないレンズ。
又の名を油断大敵レンズ



望遠レンズ

草花を撮る
動物を撮る
人物を撮る

遠近があまり目立たないレンズなので、撮りたいものだけが撮れる
邪魔な背景はぼかしで目立たなくする事ができるので、撮りたいものだけを撮る事ができる
画面全体に撮りたいものを写し込む使い方をすると、何となく良い感じと思いがちな写真が撮れる
比較的易しいレンズ
又の名を思い込みレンズ





標準(ズーム)レンズ

なんでも撮れる

焦点距離50mm前後では目で見たままの自然な感じの写真が撮れる
一寸広角と一寸望遠があるので、広角レンズらしい写真と望遠レンズらしい写真が撮れる
どんな場面でも対応出来る便利なレンズ
しかし、望遠側も広角側も中途半端なので、いざと言う時、妥協しなければならない
又の名は妥協レンズか?





と言う具合に一長一短あり、どれがいいのかは当然レンズ側では決められない
勿論、レンズを一個しか持っていなければ、もうそれを使うしかないのだが、、、





持参レンズを絞り込むには
何を楽しむのか、
何を目的とするのか、
これを決めることが一番大事なのだ



では、
今度の台湾旅行は何をメインの目的としているかというと

台湾に何度もいくのは故郷に帰るような感じがするからと前に書いた
今まで行ったことが無いところに小旅行をしてみたり、
美味しいものを食べたり、
のんびりしたり、


目的はなんでもあるのであるが、台湾旅行に共通するものはと考えると、それはない


かといって、目的なしに行くのは重いレンズ群を持って行く事になり、
疲れ果てた挙げく、写真を撮ったとしても、目的がはっきりしない写真を量産することになってしまう

もう、
今、決めるしかないのである。

えいっ!やっ!

一番好きなレンズ、油断大敵レンズを持って行こう!!
by moripapa_55 | 2013-04-06 08:45 | 日常