昨日は何したかな?

<   2013年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

風立ちぬ

7月20日に封切りの宮崎駿の作品

主題歌は「飛行機雲」荒井由美



歌詞を見ていた

見えていた歌詞を読み始めた

ショックである


今日の今日まで、こんな意味だったとは


何たる迂闊


この曲はメロディーしか追っていなかったことに今更ながらに気がついた


こんなに悲しい歌だったとは


白い坂道が空まで続いていた
ゆらゆらかげろうが
あの子を包む
誰も気づかず ただひとり
あの子は昇ってゆく
何もおそれない そして舞い上がる

空に憧れて 空をかけてゆく
あの子の命はひこうき雲

高いあの窓で あの子は死ぬ前も
空をみていたの
今はわからない
ほかの人にはわからない
あまりに若すぎたと
ただ思うだけ けれどしあわせ

空に憧れて 空をかけてゆく
あの子の命はひこうき雲

空に憧れて 空をかけてゆく
あの子の命はひこうき雲



試練第2弾にも相当するショッキングな出来事だった

冷静になって考える


あの子は病院で亡くなったか

或は自殺か

この解釈は




解釈は

歌詞だけを追うと、自殺とも読めるが


曲調からすると、


病気で入院していた男の子が

病室の窓から、いつも空を眺めていた

あの飛行機雲のように、良くなって、自由に空を飛べたらいいなと空想をしている


しかし、少年は亡くなってしまう

少年から空想の話を聞いていた周りの人(親)はふと窓の外を見ると飛行機雲が見える

ああ、君はいま、病気から解放されて、飛行機雲のように空を飛んでいるんだ




これが、自然かな







これまで、我が青春時代に聴いた歌は総点検が必要か?
[PR]
by moripapa_55 | 2013-06-30 07:28 | 日常

ストイック

時々使う言葉だが、そんなに深く意味を考えて使ったことはなかった

意味は「自分に厳しくする」と思っていたが、もう少し深い意味があるらしい

ネットで調べると

「自分の欲望を抑え情念に動かされることなく幸福を得ようとするさま」

なかなか、難しい

分解すると

「自分の欲望を抑え情念に動かされることなく」

「幸福を得ようとする」

「さま」

三つに分かれそう

「自分の欲望を抑え情念に動かされることなく」という方法(手段)で

「幸福を得ようとする」という目的を得る

「さま」そのような事をする様子のことを「ストイック」というのか


「幸福を得よう」とは満足すること

「自分の欲望を抑え情念に動かされる事なく」とはどんな意味なのだろうか

欲求のおもむくままにほしがらないと言う意味か

と言う事は、欲しいと思ってもすぐに手をだすのではなく、本当に必要としているのか、もう一度冷静に考え、本当に必要だったら、手を出す

そんな様子の事をストイックというのだろうか

「衝動買いしないで、本当に欲しいかよーく考えて買おう」という買い物をする様子をストイックというのか?

あまりこういう時は使っていないな


「何かを、禁欲的に必死にやる様」をストイックとして使っているようだ

ストイックに歌を極める
ストイックに踊りを極める
ストイックに運動を行う

などなど


夫々、「自分の欲望を抑え情念に動かされることなく幸福を得ようとするさま」に当てはまるか?

極めることで自分が満足しようとしている

つまり自己満足、或は、自分が納得する

まで、極める

と言う事か?
[PR]
by moripapa_55 | 2013-06-28 23:17 | 日常

試練?

えらい目にあった

偉い人の目玉と出会ったと言う事ではなく(どうしても書きたかった親父ギャグ)

久しぶりの食あたり(医者の見立て)

と言うか、記憶の有る限り、人生初めてかと思う

食あたりというと、悪いものを食ったとか、食べたものが痛んでいたとか、が考えられる


記憶の有る限り、拾い食いはしない


なにか原因は有るのだろうが、とにかく、偉い目にあった




とある用件があり、亀有に出かけた

そのうち、何となく、腹がシクシク、鈍い鈍痛が始まった

亀有からは千代田線で一本で帰る事ができるので、何とか自宅まで帰る事にした


電車のなかで益々、鈍痛が酷くなってくる

西日暮里、千駄木、根津あたりからは脂汗が出始めた

ハンケチで額の汗をぬぐいつつ、ひたすら我慢

大手町あたりでは、嘔吐感も出てきた

とうとう

表参道のホームに電車が滑り込むと同時に電車を飛び出し

ハンケチで口を押さえながら、トイレを探す

確か、ここのトイレは改札口の外にあったかと思いつつ、探し当て、駆け込む


ハンカチにはわずかにもう吐き出した嘔吐物が少しついている

もう、意識はもうろうとしているが、幸いブースがあいており、駆け込み、思いっきり吐き出す事が出来た

すぐに出る気にならず、考える

胃の中の物がこんなに少ないはずが無い

と気付き、指を使って、残っている物を無理矢理吐き出す

二日酔い経験豊富ならではのテクニック(昔取った杵柄)

ホッとしたのも束の間、下痢も始まった




何とか収まり、ハンケチを洗い、再び乗車

今度はラッシュ時なので座る事も出来ず、立っての苦行

代々木上原で準急に乗り換え、一路経堂へ

経堂駅の直前、再び嘔吐感が

もう、胃の中には何も入っていない事を幸いに、

ハンケチで口を押さえて嘔吐くが、嘔吐くだけで、何も出ない

良かったと心底ほっとし、

もう自宅にたどり着いた時はヘロヘロ状態

ママさんから、近所の医者に行く事を勧められ普段はあまり行きたがらないのだが、その時は素直に直行



「どうしました」との質問にあまり考えて答える事もできないので、

亀有、西日暮里、表参道での出来事を説明

先生は、素直に、「表参道で嘔吐した」と書いている

「カルテとはこんな事まで書くのか」不思議に思いながら診断を待つ

見立ててでは、食あたりかと


薬もやっと飲み、もう、あとは寝るだけ

翌日は会社を休み、ひたすら休養をとった

夜になって、ようやく落ち着いてきた



いやー、偉い目にあった
[PR]
by moripapa_55 | 2013-06-28 00:08 | 日常

6月25日 朝

ある日のモーニングトークで、カラオケ歌合戦の話が出た

歌手を評して「デジタル的な上手さだけど、アナログ的なうまさではない」という評価の話



歌手でもないのに、歌はうまくないのに、カラオケの点数だけは妙に高い

仕掛けは、カラオケ採点マシーンのポイントをつかんでいるので、点数は高くとる事が出来る

歌手であり、歌はうまく、カラオケの点数も高得点を出す歌手もいる

だけど、一般には売れていない

心に響く何か(アナログ的なもの)が足りないのだろう

歌手で、歌は上手いけど、カラオケの点数は妙に低い

だけど、売れている歌手もいる

マシーンの型を超えた表現方法で歌を表現しているのだろうか





一寸昔、アナログ人間か、デジタル人間かという言葉がはやった事がある

そのときは自分は、デジタル時計を見てもすぐに時間がわかるので、

デジタル人間だ、現在的な人間なのだ  とか、

アナログ時計じゃ無いとピントこない だから昔人間なのだ、一寸時代遅れなんだ とか


よく考えてみると、デジタルも、アナログも昔からあったのだが、アナログとデジタルは目的が違う


アナログとデジタルの機能の違いを言いたいのではないので、本題に戻す


本来歌はアナログ的なものであり、歌の共通化を計る為に、ある国やある民族では♩や楽譜を作り出した

当然、音符も制限があるので、表現は限られてくる

その制限がない方法としては、口伝えがあるが、大勢には伝え難い


夫々には長所や欠点もあるので、よく理解して使うことが必要


こんな事を考えると、デジタル表現のカラオケマシーンで点数を競う事にどれほどの意味があるのか


と言うと身も蓋もなくなるので、それは楽しめば良いと言う事にする
[PR]
by moripapa_55 | 2013-06-25 08:48 | 日常

ぼーっとして 2

人がぼーっとしている時は何もしていない時だと考えがちだが、

本当は、何もしていない時ではない

何かをしていて、一寸時間が空いた時とか、

散歩をしている時にぼーっとするのである



散歩をする時には、歩き方や手も振り方などに気を使って歩いている人はほとんどいないはず

最初から、余裕を持って散歩するので、ぼーっとする事が出来るのだ


作法、泳ぎ、踊り、歌、楽器、ゴルフなど、余裕が出来るほど、慣れたり、習熟した時に余裕が生まれ、ぼーっとすることが出来る。

この、ぼーっとした時に、フッと頭に浮かんでくるものがある

創意工夫だったり、関連のことだったり、全く違う事だったり、周りを見る余裕が生まれたりする



何かを見に付ける時、これは自分に合っていないとか、これは難しすぎるとか、趣味に合っていないとか、フィーリングが違うとかで、必要なことだけどなかなか、身に付かないことがある

とことん、やってみて、ぼーっと出来るほど身につけた後、合う、合わないなどの判断してもいいのではと思う

余裕ができるほど、何かを身につけるには、時にはストイックにやってみてはどうか

きっと、何か良い事が生まれるはずだ
[PR]
by moripapa_55 | 2013-06-22 08:46 | 日常

ぼーっとして頭に浮かんだ事

梅が丘の車窓の景色が目に映りながら通り過ぎて行った

こんな時は「ぼーっとしていたら」と言う状態だ



昨日のプールの事が頭に浮かんできた

クロールの泳ぎ方はこれまで持っていたイメージとは全く違った


これまでは、手をスプーンの様な形にして、前の水をかいて進む

右をかくとすぐに左という泳ぎ方がクロールと思い、そのような泳ぎ方をしていたと思う

実際に泳ぎ始めてみると、この泳ぎ方は疲れる割には進まないこことが判った


今のクロールでは、左手は腹の下の水を肘を伸ばしながら、後ろに押し出す

その時、右の腕をまっすぐ伸ばしておき、左腕で出来た推進力を生かし、惰性で進む

次に、水の外に出た後ろにかき切った左腕をゆっくり前に伸ばす

左腕が水の中に入る直前に、伸ばしていた右腕をかき始める

腹下の水をかく時には左腕はまっすぐ前に伸ばし、右腕の推進力がくるのを待つ

と言う具合に、右腕と左腕を交互に十分に伸ばし、腹の下の水を後ろに押し出して泳ぐのが今のクロールのイメージだ

ゆったりした泳ぎ方だが、左右の腕をじたばた動かすより遥かに早く泳ぐことが出来る


と言うようなことをぼーっとしながら考えていた



足は、後で
[PR]
by moripapa_55 | 2013-06-21 08:39 | 日常

台湾茶2

左から、1煎、2煎、3煎、4煎、5煎

お茶は文山包種茶

蓋碗で煎れた

個人的には、2煎目と、3煎目が好みだ

a0094711_21195142.jpg

[PR]
by moripapa_55 | 2013-06-20 21:47 | 日常

台湾茶を朝楽しむ

毎朝、鉄瓶にてお湯を沸かし、台湾茶を楽しんでいる



お茶は今はきちんと計量している

当たり前だろうが、その方が、安定した味がでる


5煎、6煎するとお茶の味が薄くなる、薄くなってもお茶はお茶

あー、もう味が薄れたとがっかりせず、薄くなった所まで楽しむ


お茶は、朝ご飯の後のお茶のため、最後の茶海に一杯分のまずに残しておく




鉄瓶はまだ、新しいので、

毎日、お湯が沸騰した状態ですべてのお湯を完全で出し切ると

みるみる間に鉄瓶の中が乾燥する

鉄瓶の底や注ぎ口の所に若干のお湯が残るので、コンロに掛け弱火にする

すると、残ったお湯もすぐに乾燥してしまう

この間、20秒ほど

ほとんど手間いらず

飲み終わった後の鉄瓶の片付け作業はこれで終わる

錆びさせず長く使うため儀式だ



片付けまで楽しんで、朝の儀式は終了する
[PR]
by moripapa_55 | 2013-06-17 06:59 | 日常

先週の日曜日孫が遊びに来た

まだ、3歳なので、一人では来れず、やむを得ず付き人付きである

小さい頃は生きて行く術を身につけたり、社会のルールを身につけたりする為に、躾という洗礼をうける

躾を身につけ、子供から、大人になってゆく


しかし、大人でも躾が身に付いていず、社会の迷惑を平気で無視する人がいる

例えば、路上禁煙マークのある場所で、平気で歩きタバコをする人

タバコをすわないので、風向きによっては10m離れていても、異臭が鼻につく

そんな時は、急いで追い越すか、歩きを緩めて離れるかしなければならない


国会や予算委員会のテレビ中継などを見ていると、ヤジの多さや品のなさにうんざりする

それが、醍醐味だ、ヤジが面白いんだと言う人もいるが、そんな人にはヤジを聴くためにテレビを見ている或は審議を行っている訳ではない事を思い出してほしい

この影響も有るのだろうが、国の審議官が、地方に出かけ、話し合いの後、ツイッターで外野席のヤジが酷かったのか、あらぬことをつぶやき、一騒動が起きた

これも、ヤジを飛ばす方の躾不足、呟く方も躾不足と思う

大人でも、躾が身に付いているとは限らない

知っていても、つい、破ってしまい、躾が身に付いていないとか、マナーがなっとらんとか言われる事になる

そうなると、大人でも、躾がちゃんと我が身についているか、きちんと社会のルールが守れているか、常に考えたり、考えなくても自然に行動出来るようにしなければならないと、今朝、ぼーっとしながら、ふと思った
[PR]
by moripapa_55 | 2013-06-15 07:54 | 日常

飲酒断酒

飲酒の効能

気分の高揚

気分転換

普通、これらの効能を求めて飲酒を行う

自分自身は何もしなくても、アルコールを摂取することで簡単にこれらの効能を手に入れる事が出来るから

一時的な現象であるが、これを求めて毎日飲酒していた自分がかつていた


今はと言うと、特別なときを除いて飲まない生活をするようになった


特別とは、個人判断だが、記念の日とか、記念行事とか、会社帰りの一寸一杯とか


飲酒を行わないことで、その効能はない生活だが、

思わぬ、というか、当たり前の事なのだが、アルコールの影響を受けない自分がいる

もちろん、24時間飲酒していたわけではないので、これまでも、日中はアルコールの影響を受けない状態なのだが、何となく、毎日の晩酌をやらなくなったら、思わぬ効果があることに気がついた


食事時間が短くなった

食後の時間が長くとれ、しかも飲酒していない、クリアーな頭の状態なので有意義な時間が過ごせる

居眠りや、うたた寝がない


アルコールにかかる費用がほとんどなくなった



飲酒はほどほどが一番!
続く
[PR]
by moripapa_55 | 2013-06-13 08:02 | 日常