昨日は何したかな?

<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

代々木公園に立寄

4月17日、仕事で外に出た帰りに、代々木公園に立ち寄った。
まだ、最高温度は15度程度。昨日の雨でまだ肌寒さが残っていた。

代々木公園には土曜、日曜によく行く。
休みには、たくさんの人出で賑わっている。

いよいよ、花の季節になったことが感じられる。好きな季節だ。

その公園で、見かけた、春の一場面の紹介です。

小田急線の代々木参宮橋で降り、代々木公園の西門から入ったところ。
この入り口からは、木立の坂道を上がる。
a0094711_9314558.gif


途中でみつけた雑草の花。
a0094711_9375442.gif


公園の中心部には噴水もある。
a0094711_943535.gif


花々、、、、
a0094711_9442124.gif

a0094711_9444954.gif

a0094711_9452944.gif

a0094711_9454986.gif


a0094711_947317.gif

a0094711_9471992.gif












南側のNHK側に抜けると、この木立の下で毎年夏「表参道よさこい祭」が催される。
a0094711_948328.gif



撮影データ   fine pix F810
[PR]
by moripapa_55 | 2007-04-30 10:02 | 公園

ツツジ祭り

いよいよ、花の季節になって来た。
東京はまた、お祭りの季節でもある。
きょうは、morimamanが料理教室なので、また一人で、「いってきてー」と送り出された。
morimayもきょうはアシスタントらしく、一緒に来てくれなかった。
しかたがないので、「鰻柵めし」を食って来ます。と言い捨てて(冗談ですよ)出かけた。


「はん亭」は串揚げもおいしいと評判の店である。
a0094711_17541818.gif


今日は、串揚げではなく、茶房で鰻柵めしを食した。鰻柵めしは3度おいしく食べられる。一度はそのまま、2度目は薬味をかけて、3度目はお茶をかけて。

a0094711_175595.gif




根津神社はツツジ祭りの真っ盛り。
a0094711_17561031.gif

a0094711_17564549.gif

a0094711_17581091.gif




伏見稲荷のミニチュア版もある。
全く人が入らない瞬間に偶然行き当たった。
a0094711_17585829.gif

根津権現太鼓
a0094711_1758418.gif



最後に、標語の紹介。

a0094711_1802952.gif


根津を台湾と読み替えても。


撮影データ D70s   tokina AT-X PRO28−80mm 1:2.8
[PR]
by moripapa_55 | 2007-04-29 18:15 | 神社・お祭り

明治神宮に行って来た

4月23日、仕事で外に出たときに明治神宮にちょっと寄り道した。

平日の明治神宮は、正月の喧噪が嘘のようだ。

神社は本当はこんな具合がいいと思う。


参宮橋からのアプローチ。
a0094711_039458.gif

a0094711_0395315.gif

a0094711_040122.gif


向こうに見えるビルは新宿のエンパイヤーステ−トビルと言われているNTTのビル。
a0094711_0414231.gif

a0094711_042686.gif


外人の願い事も日本と一緒のようだ。
a0094711_0422689.gif


神宮の西出口(参宮橋方面)から出ていくと原宿方向に行く道がある。
都心でハイキングが楽しめる。
a0094711_043749.gif



付録   小石川後楽園の東屋。天井が網代となっている。
a0094711_115972.gif


FUJIFILM fine pix F810  
[PR]
by moripapa_55 | 2007-04-29 01:11 | 公園

小石川後楽園に行って来ました


場所は東京ドームの隣です。
4月20日はsoftbank対日本ハムのデーゲームが行われていました。

a0094711_23534864.gif


隣接して遊園地の後楽園があり、ジェットコースターの歓声が時折聞こえて来てます。
小石川後楽園は元は水戸藩の庭園です。
今は都立庭園ですが、水戸の名産品も販売されています。

a0094711_2354489.gif

a0094711_23553123.gif

a0094711_23583669.gif



まず、茶巾寿司弁当を買って食べました。

公園の中で売り子さんが「便當〜!」とは言わずに静かに売り歩いていました。

「うちの板前さんが作ったんですよ」
「公園内で食べるとこありますか」
「ベンチがあります」
「いくらですか」
「一個600円です」
「じゃ、一個」

これを写メールで家に送ったら、
「お土産に一個買って来て」
と言われ、とんだ災難。(冗談です。)
a0094711_23561824.gif

a0094711_2357044.gif

a0094711_23575122.gif



庭園には池や滝、湿原、藤棚がありますが、藤には少し早いようです。


a0094711_002098.gif

a0094711_005664.gif

a0094711_015751.gif

a0094711_024713.gif

a0094711_033471.gif

a0094711_04253.gif

a0094711_051728.gif

a0094711_055796.gif

a0094711_062620.gif

a0094711_07925.gif

a0094711_073314.gif

a0094711_08693.gif

a0094711_0321175.gif

D70s 24−120mm 三脚使用 一部photoshop CS2 で処理
[PR]
by moripapa_55 | 2007-04-27 00:29 | 公園

内湾に行って来ました

いざ、内湾へ
写真は竹東駅です。


a0094711_23165269.gif

線路は続くーよー   どーこまでもー
a0094711_23175178.gif

ゴイサギらしきものかな?
a0094711_23211322.gif

トンネルを抜けると、、、


暫くして、やっと到着です。
a0094711_23241012.gif

内湾駅です。
a0094711_2335811.gif



内湾の街を奥に突き進む
a0094711_23254373.gif


すると、そこには
a0094711_23273473.gif

「食べずにはいられない」(というらしい)(間違っていたら誰か教えてください)


いざ、店のなかに!
しかし。今日は閉店だった。
a0094711_2329974.gif


前々日、三義にいった折のこと。


台湾語。中国語を毎日iPodで聞いている。(ぼぼーー。)

その時は小さく口を動かしている。(少し怪しい雰囲気。)



そんなことで成果が上がっているはずはないと、試されるがごとく、チェックされた。

中国語では有名なフレーズ「神通廣大」を披露した。

しかし、誰もこちらの言ってる意味が分からないらしい。(きっとからかっているに違いない)

そうでなければ、台湾人であるyuyuちゃんでも「わからなーい」というはずがないではないか。

こちらが「神通廣大」というと、「えっ?」
「神通廣大!」
「えっ?」「神通廣大?」
「そう!」「神通廣大」
「わからなーい」(きっと、知らないんだ。同じ発音なのに。)

どのような漢字かを伝えると「あーっ!神通廣大!」(同じ発音)

うーーーん。余りに微妙な発音だったのかな。
それとも、、、、
そんなはずは、、、、、


a0094711_011181.gif

a0094711_0124821.gif

a0094711_0132264.gif

a0094711_0175121.gif

a0094711_019046.gif

a0094711_0135565.gif

a0094711_0141664.gif

[PR]
by moripapa_55 | 2007-04-24 00:32 | 台湾記

デジタル写真と銀塩写真

4月5日から10日まで台湾に住んできた。
今回、台湾に住んでいた時の写真はほとんど広角レンズを使用した。

理由は
軽いから。

しかし、重い標準ズームも持っていたので
重いことにかわりはなかった。

広角だけでも    使い方によっては  大きく映すこともできます。


a0094711_2115986.gif
a0094711_2171642.gif
a0094711_2184871.gif
a0094711_2112533.gif


しかし、画角が広いため
構図によっては同じような印象となってしまいます。




今回はそんな訳で、写真を選ぶのに苦労しました。
選べるほど写真とったかな?

選ぶほど
捨てる写真は
増え続け

a0094711_21183761.gif
a0094711_21193783.gif


写真は、銀塩と数碼(デジタル)で撮っています。
数碼の感覚で撮ると、捨てる写真が増えますが、、、
銀塩写真は太貴了。

銀塩ではつい、節約の気持ちが持ち上がってきます。
しかし、そうなれば、後で選べるほどの写真はとれていません。
所詮、たくさん撮らなければ、選べないのです。

このジレンマ。他の人はどのように克服しているのでしょうか。
あっさり、数碼への移行はありえません。

そうなると、自分の中で「銀塩の魅力とは何ぞや」という議論がもちあがります。


堀内カラーに現像を出し、
きっと、きれいな色が出ているはずと、何の確信もないのに自信があり
ああ、やぱり、「色はいいな。     フィルムが高いから。」
しかし、「構図はいまいちだった。      腕が腕だから。」
と反省します。

a0094711_21271530.gif
a0094711_21242650.gif


この過程が楽しいのと

銀塩を使っているという、なんの根拠もない優越感。

しかし、銀塩はお金だけでなく、時間がかかります。
フィルム購入。フィルムセット。フィルム取り出し。現像。食事。
受け取り。持ち帰り。お茶。マウントセット。ビューアーセット。拡大鏡用意。パソコンセット。フィルムスキャン。等々。
書いていたら、あきれるほどの手間がかかっていることに気がついてしまった。

どうしよう。



a0094711_21245044.gif
a0094711_21252048.gif

悩みは続く。
[PR]
by moripapa_55 | 2007-04-19 00:10 | 台湾記